ドッグフードの品質

愛犬の食事のため、ドッグフードを与えている飼い主は多いでしょうが、賞味期限を意識しているでしょうか。
ドッグフードも食べ物ですので、人間が摂るものと同様に、市販のものには賞味期限が設けられています。


少しでも過ぎていれば必ずしも犬の健康を害してしまうというわけではありませんが、表示を確認し、なるべく守るようにしたいところです。
なお、ドッグフードの賞味期限はドライフード、半生のフード、ウェットフードの順に短くなります。
長い場合1年間以上はもってくれるドライフードは保存がきいて便利ですが、賞味期限が長いから安心して、期限が過ぎているのを見逃してしまうこともありますので注意が必要です。
また、賞味期限は未開封の状態で品質が保たれる期間の目安ですので、開封後はこの期間よりも早く劣化していくという点は把握しておいたほうがよいでしょう。


また、賞味期限を迎えていなくても、保存のしかたを誤ると早期に傷んでしまう原因になります。
とくに半生やウェットフードは開封後すぐに愛犬に与えてしまわなければ、どんどん品質が劣化してしまいます。
ドライフードも適切に管理しなければ傷みが加速してしまいますので注意が必要です。


このサイトでは、ドッグフードの保存方法に関し、誤りのある保存のしかたと適切な保存のしかたについて取り上げます。
現状において愛犬を飼育しているという人は自身の保存方法を見直し、これから飼おうと思っている人は、飼いはじめてからの注意点としてチェックしておくことをおすすめします。


[管理人推奨外部リンク]
消化器官に負担をかけるような原材料は一切使っていないドッグフードの通販サイトです・・・ドッグフード 通販

Copyright © 2014 ドッグフードの保存方法どうしていますか? All Rights Reserved.